一人一人のライフスタイルから、まち、地球環境まで考えよう!

 Europe Mobility Week  Japan official site

 一般社団法人カーフリーデージャパン 

最 新 情 報

移動について考えてみたことはありますか?

 

まちでの移動、特に、車の問題は、地球温暖化というグローバルな課題だけではなく、まちづくり、健康、福祉、健康、コミュニティなどと、広くわたしたちの生活に関係しています。

 

モビリティウィーク&カーフリーデーでは、こうした様々なテーマについて、まちの移動を切り口に、行政と市民が一緒になって、考え・行動しています。毎年、9/16-22の一週間、世界2000都市近くが参加し、世界規模で、社会啓発しています。

 

昨年2020年は、開始から17年目を迎えましたが、世界53カ国・2945都市が参加し、新型コロナの影響を受けながらも、過去2番目に多い参加都市数となりました。

 

日本は、2004年から正式参加をはじめ、昨年は全国9都市が参加しました。

 

2021年も、まだまだコロナの影響がありますが、モビリティウィークを世界と連携しながら、推進していきます。

 

コロナと共存する「ニューノーマル時代」の移動は、いままでと同じとはいかないかもしれませんが、欧州では、持続可能な交通を継続して推進、自転車・徒歩などのアクティブモビリティもソーシャルディスタンスを保つ工夫を施しながら、積極的にとりくんでいくようです。

 

日本国内ではどうなるでしょうか。

この機会にぜひ、日々のライフスタイルからまちのこと、地球のことまで、考えてみましょう!

 

※2021年のEMW参加国・参加都市の状況はこちらで確認できます。

 

 

(「EuropeanMobilityWeek website」内:表記英語)

 

 

【ヨーロッパモビリティウィーク2021】テーマ 

持続可能な移動手段で、健康を保とう!

 

 

今年のヨーロッパモビリティウィークのテーマは持続可能な移動手段で、健康を保とう!です。